アニメーション作成ソフトの定番ソフト「Moho Pro 13」が、6月8日に新しくなりました。

自分が描いた絵でアニメーションを作れるのはもちろん、付属の素材でもアニメーション作成ができます。簡単に作れるのに、高度な機能も使えますので、GIFアニメだけじゃない、劇場アニメまでプロフェッショナルなアニメーションが作れます。


新発売記念
MOHOサイト公式価格43,464円が5,980円

 

ホントに、プロフェッショナルまで使えるのか?それは、Mohoを使って作られた長編アニメ「The Breadwinner」、「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」がアカデミー賞にノミネートされたことで証明されますね。

今回新しくなったのは、まず「フレームごとに使えるビットマップツール」

これは、子供の時に作ったパラパラ漫画さながら、作画ツールで直接アニメーションを作れます。まずはざっとストーリーを決めたいとき活躍すること間違いなし。

てかいうか、この機能は、ちょっと遊ぶのにもいいかも。クリエイターじゃなくても、楽しく使える新機能だと思います。

 

そのほか、たくさんの新機能・強化機能があります。
Moho pro 13 新機能紹介

「Moho pro 12」が大人気だったので、13に期待している人も多いと思います。新発売でこの価格は買いだと思います。